サルグミンヌを主としたアンティーク食器専門店

今「ある」ものを大切にする暮らし


アンティーク食器を楽しむ暮らし
一点物を見つける喜びをあなたに


アンティーク食器専門店の「aru(アル)」です。
フランスの陶器メーカーsarreguemines(サルグミンヌ)を主に取り扱っています。
その品質の良さから上流貴族に愛され、長年の歴史の中で一般市民にまで広く使われるようになったサルグミンヌの食器。
時を経ても色褪せない洗練された美しさから、現在でもコレクターをはじめ、根強いファンに愛されています。
アンティークならではの風合い、一点物との出会いを楽しんで見ませんか。
今ある暮らしをちょっと彩る、古くて魅力のある食器たちをご紹介します。

sarregueminesとは

フランスとドイツの国境に隣接する町、サルグミンヌで1780年代に創業された陶磁器メーカーのサルグミンヌ。
その品質の上質さから、上流階級の貴族をはじめ一般市民まで長きにわたり広く愛されました。
歴史的な背景によりサルグミンヌがフランス領からドイツ領になったことを機に、サルグミンヌは1879年、ブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに移転。
もともと陶器を製作していたDigoin(ディゴワン)との合併を経て、ディゴワン&サルグミンヌとして2007年に廃業するまで、長年愛される陶器を生産し続けました。

◆店主紹介


kana
転勤族でなるべくモノの少ない暮らしを目指すうちに、新しいものもいいけれど、今すでに「ある」ものたちを大事にしたいと考えるように。
古いもの、アンティークに魅力を感じはじめ、サルグミンヌの食器と出会い一目惚れ。もっと多くの人にその良さを知ってもらいたいとショップを開くことに。
信州を転々としながら子育てに奮闘中の一児の母。
My favorite : cafe / book / sweets / simple life